無料アクセス解析
ful ful な 生活 小豆島へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.26 小豆島へ
お父さんの夏休みを利用して、小豆島へ行ってきました?
いつもはキャンプですが、今年はお食事付きのログハウス。
食事作りがいつも大変でしたが、今年は楽々♪

今回泊まった宿は、ログハウスさといも
なんとも風情ある名前ですが、家庭的でとってもよかったです!!

↓こんなトトロがいそうな小道を抜けると、プライベートビーチ♪
画像 001

瀬戸内海なのですっごいキレイ!というわけにはいきませんが、
ほかに誰もいない海!というのはいいですねぇ。
普通の海水浴場では出来ない、投げ釣りも楽しめました♪
画像 147

ご主人がこつこつ造り上げたログハウス
画像 030

しかも、海水浴を楽しんでいたら、「スイカ割りでもしなさい」とスイカの差し入れ!
↓でっかいのをかぶりつく娘。

画像 156

家庭的な大皿料理が、どんどん出てくる!!
野菜は自分の畑で採れた無農薬、そして地魚料理などなど。
チビちゃん達にはポテトオムレツ。
とにかく、量が半端じゃないです!
お腹パンパンなのに、「スイカ食べる?」と聞くおばちゃん。
どうやらスイカは食べ放題らしい・・・

がしかし、宿泊料金1泊2日、朝、夕食付きで、大人6,800円!!
安??(゚д゚)!
小学生は3,500円
幼児1,000円

儲けがあるのか心配です・・・
画像 152

2日目は違う宿に泊まって他の海水浴場で泳いだりしましたが、
最終日、やっぱりあのプライベートビーチがいい!!ということになり、
「駐車料金やシャワー代支払うので、行かせて下さい」と電話したら、
快く「おいで??」と言ってくれて楽しく過ごすことが出来ました。

帰るときに支払おうとすると、「そんなんいらんよーー」と、何もうけとらず・・・
そのうえ、ジュース飲ませてくれたり、子供たちにキュウリやトマトを取らせてくれたり、
そうめんやゼリーのお土産まで持たせてくれました!!

おばちゃんはとってもやさしくて「じーーん」としました。
おばちゃんに子供たちからの手紙と、おいしいお菓子を送ろうと思います。



そして、この旅は3日間ともずーーっと海で泳ぎました!!
子供は野に放すのが一番ですなーー

うちの娘は、「中にポニョがおるかもしれん」と、水クラゲを網で採取してましたけど、何か?

うちのお兄ちゃん↓
旅の同行者、中1女子の作品です。
いかがなものでしょう・・・
画像 138

少しだけ観光もしました。
↓二十四の瞳映画村
レトロな教室。何だか懐かしいにおい。
画像 131

そして、小豆島といえばオリーブ♪
どこもかしこもオリーブだらけで、見たことないくらい木がデカイ!!
あんまり大きいとかわいくないね・・・ボソッ
画像 127

最終日は子供たち6時前に起きて、お父さんと魚釣り!
そこで、父さんに悲劇が!!
カラコギ(ハオコゼ)に刺されました!!
いつもなら、カラコギが釣れた場合危ないので蹴って捨てるのですが、
あまり針が食い込んでなかったので、カラコギに触らないようにそーーっと外してたら
「チクッ!」とやられたそうです。
毒を持ってるので猛烈な激痛!!
刺された人差し指は曲がらず、顔色悪し・・・
ちなみに、カラコギに刺された場合の処置として、火傷しない程度の熱湯をかけるか、
ライターであぶる?といいそうです・・・ってそっちのが怖いわ????!!!!

というか、やっぱりカラコギは蹴って捨てましょう!!危険です!!

そうして、何だかんだで旅も終わりに近づき、
途中の高速道路のパーキングでは恒例のカブトムシ&クワガタ探しもしました。
高速は山を縦断しているので、夜は自動販売機やゴミ箱にカブトムシが集まりやすいのです!
が、今年は見つからず・・・

こうして、とことん遊び尽くした旅は無事に終わりました。

ちょっと疲れたけれど、また来年も行きたいなーー!!
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。